四月は釣釜の季節です。

釣釜のある茶席の風景

桜も満開のこの頃、小堀遠州流 駒場・和楽庵の茶席でも天井から鎖で釜を吊る釣釜の季節となります。

冬の寒い時期に抹茶のお湯を沸かすのに活躍する炉は、釜の湯の沸きも良く、部屋を暖める効果もあります。釣釜は、少し暖かくなるこの時期に炭の熱源から釜を少し離すことにより、沸きすぎを防いでくれます。そして何よりも、茶席を一段と詫びた風情に変えてくれます。

鎖でなく、竹の自在などを使っても雰囲気はがらりと変わります。釣釜は四月ひと月だけの設えで、五月になると、炉をしめて、風炉釜になります。季節の変化を、様々な形で楽しめるのも、茶席ならではのこと。手燭、短けいを使った夜のお茶も素敵ですよ。

駒場・和楽庵に、ぜひ、お越しください。抹茶をいただく体験の各種コースは、プランのページをご覧ください。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中